運用管理を行う

豊富な管理機能で運用・管理を支援します。

アクセス権

各アプリごとに、データのアクセス権限を詳細に設定することができます。

アプリケーションのアクセス権設定

アプリの利用者を登録したり、データの追加権限や、インポート、エクスポートなどの権限を設定できます。

データのアクセス権設定

1件1件のデータ(一覧表の行に相当)について、指定した条件に当てはまるデータに対して権限を設定できます。

そのほかの設定例:「昨年のデータは、閲覧のみ許可」「完了した作業のデータは変更不可」「日報アプリで、報告者本人と提出相手のみ閲覧できる」

部品のアクセス権設定

「会社名」や「メールアドレス」など、入力部品1つずつに対して権限を設定できます。

設定例:身上調査票や、人事考課アプリで、記入フォームの下半分は、総務部や人事部のみ記入可能にする

アプリの作成を現場に任せるか、
管理者側で用意するかを指定

3つの範囲でアプリを作成できるユーザーを指定できます。

すべてのユーザーにアプリの作成を許可する

各部門の利用者が、気軽に業務に必要なアプリを作ることができます。
業務で課題が発生した際に、「AppSuiteで解決できるかも」と思ったら、すぐにアプリを作って試せることがメリットです。

指定したユーザー/ロールのみ作成を許可する

「アプリの作成を現場に任せたいけど、誰でも作れるのはちょっと・・・」という場合には、各部門のリーダーなどを指定しておくことで、 現場主導でアプリを作成してもらいつつ、アプリが乱立しすぎないよう統制を取ることができます。
ロールを指定すると、各部の「課長」「主任」といったグループに一括して権限を付与することもできます。

管理者のみ作成を許可

desknet's NEOの管理者のみアプリを作成できます。総務部や情報システム部で、アプリ全体を管理したい場合に有効です。
また、管理者でアプリの大枠を作成し、そのアプリの管理者を利用部門に指定すれば、アプリの中身の作り込みは利用部門に任せることも可能です。

アプリケーション管理

各アプリに登録されているデータの件数や、添付ファイルの合計容量、
最終アクセス日時、アプリの管理者などを確認できます。
過度なデータが登録されているアプリや、あまり使われていないアプリを見つけることができ、
アプリの管理者にスムーズに連絡できます。

AppSuite機能管理>アプリケーション管理

ラベル管理

部門や、用途別にラベルを作成してアプリを分類できます。ラベルは2階層で管理でき、
各アプリには複数のラベルを貼りつけられるので、アプリの数が多くなっても、管理が容易です。

アプリケーションラベル

アクセスログ

「誰が・いつ・どこからアクセスしたか」といった情報を記録し、
AppSuiteの利用状況や、不正アクセスなどの監査に使用できます。

desknet's NEOのカタログなどをお送りします。
ご購入前のご相談もお気軽に
お問合せ下さい。

資料を請求する

NEOのすべての機能を無料体験

desknet's NEOの使いやすさをご体感ください。

クラウド版無料お試しをする(60日間無料)

PAGE TOP