アプリ同士を連携する

複数のアプリを連携することで、複雑なアプリケーションも構築できます。

他のアプリからデータを取得

複数のアプリを関連付ける(リレーション)ことで、他のアプリからデータを取得して表示したり、計算に使ったりできます。
同じデータを複数のアプリで管理する手間がなくなり、データの更新漏れなども防げます。

営業案件管理と、商品マスタのアプリをそれぞれ分けておくことで、案件管理アプリで、商品の詳細情報をつど入力する必要がありません 顧客管理 商品マスタ

用途に合わせた連携方法

他のアプリと関連付けたデータを、3つの方法で活用することができます。

複写部品(データのコピー)

他のアプリのデータをコピーします。
元のアプリでデータが変わっても、コピー後のデータは変わりません。
また、コピーされたデータは、手入力で編集することができます。

利用例:
見積発行アプリにて、商品マスタから商品の金額をコピーし、合計金額の計算に使う。商品マスタ側で商品の価格改定が行われた場合も、改定前の金額で金額計算結果を残しておくことができる。

商品マスタアプ

参照部品(常に最新のデータを表示)

他のアプリの最新のデータを参照します。参照元のアプリでデータが変わると、参照しているアプリのデータも変わります。

利用例:
営業案件管理アプリにて、顧客管理アプリから、顧客担当者の連絡先情報を参照して表示。
担当者や連絡先情報が変更された場合も、営業案件管理には最新の顧客情報が表示される。

顧客管理アプリ 案件管理アプリ

参照データ一覧部品(過去の履歴を表示)

社名など、指定した部品に入力されたデータをもとに、他のアプリに登録されているデータの内容を一覧表示できます。
また、自分自身のアプリと連携することもできます。


  • 利用例:顧客管理アプリで、顧客情報とともに、問合せの履歴を掲載

  • 利用例:問合せ履歴アプリで、顧客から電話が来た際に、過去の問合せ内容を確認しながら、今回の問合せ内容を記入
アプリ同士を連携する

AppSuiteを無料体験

クラウド版は30日間、パッケージ版は60日間 使いやすさをご体感ください。

無料お試しはこちら(30日間無料)

製品カタログ・各種資料

製品カタログや事例集など各種資料を請求・ダウンロードできます。

詳しく見る

ご検討中のお客さまへ

PAGE TOP