よくあるご質問

購入前から利用中の"困った"までを解決する質問&回答集

質問

ワークフロー機能とAppSuiteを連携できますか。

回答

ワークフローとAppSuiteの連携は、2パターンでの連携機能をご用意しています。
 
 
1.AppSuite側にて申請書アプリケーションを作成して連携する方法。(※V6.0以上)
 
2.申請書はワークフロー側で作成し、AppSuiteに登録したデータ内容を
  ワークフローの申請に乗せて申請する方法。(※V5.2 R1.0以上)
 
  
  
[2]の方法は、AppSuite側に登録しているデータから、連携先のワークフローの申請
書を呼び出し、ワークフロー機能を使って申請を出すことができます。

※申請書を呼び出し、そこにAppSuite側の該当データ内容をHTMLファイルとして
 申請書に添付して申請が作成されます。
 また、アプリデータに別途に添付ファイルがある場合は、そちらも申請に添付され
 ます。
 
設定手順
 
前提:
※V5.2 R1.0以上にバージョンアップする必要があります。
※事前にワークフロー側にて、AppSuiteのアプリと紐づける申請書(書式・経路)を
 用意する必要があります。
 
 AppSuite側にて、管理者やアプリ作成者、アプリ管理者から該当のアプリを開き、
右上のスパナアイコンからアプリの編集画面を開き、上部メニューの[詳細]を開きます。
 [他機能連携]タブを開き、「申請の作成機能を有効にする」にチェックし、
このアプリと紐づけるワークフローの申請書を選択して設定を完了してください。
設定は以上となります。
 
 
利用方法
 AppSuiteの該当アプリにて、データを登録し、該当データの詳細画面を開きます。
 上部にある[その他の機能▼]ボタンを押下し、「ワークフロー」を選択しますと、
ワークフロー機能の紐づけた申請書に、アプリの該当データ内容のHTMLファイルが
添付された形で、申請作成画面が表示されますので、後は書式に従い、内容を入力して、
申請を作成してください。
 
 注意事項
 ・ワークフロー側からAppSuite連携機能を呼び出すことはできません。
 ・申請後は、ワークフロー側とAppSuite側にて双方向に紐づいているものではありません。
  そのため、申請後に、AppSuite側の対象データの内容を編集されましても、
  送信済みの申請データ側には反映されません。
  連携にて申請を出した時点でのデータ内容で最終決裁者まで決裁処理が行われます。

共通
[質問ID]
NEO-T0509
[対象]
V5.2 R1.0以上
[最終更新日]
2019/01/31

お悩み・疑問は解消されましたでしょうか?
不明な点やまだお困りの点がございましたら、下記よりお問合せください。

desknet's NEOをご利用中のお客さま

機能・操作方法に関するお問合せ

クラウド版:0120-365-800
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:00~12:00、13:00~17:30

パッケージ版: 0800-500-6330
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:00~12:00、13:00~17:30

※お問合せ内容により、担当部署から改めてのご回答となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

導入を検討中のお客さま

  • 詳しい資料をご送付
  • セミナー情報