仮想環境に導入する際の注意点

VMwareやHyper-Vなどで構築した仮想マシン上にdesknet's NEOをインストールして使用する場合、あらかじめ仮想マシンのMACアドレスを静的に設定する必要があります。 ここではVMware ESX/ESXi、またHyper-Vでの具体的な設定方法を説明します。
(その他の仮想化プラットフォームの設定手順については、各製品のマニュアルな どを参照してください)

VMware ESXの場合

desknet's NEOをインストールする仮想マシンの定義ファイル(guestOS.vmx)を編集し、「ethernetX.addressType」行を"static"に、また「ethernetX.address」行に静的なMACアドレスを設定します。(Xはインターフェイス番号)

設定例:
ethernet0.present = "true"
ethernet0.addressType = "static"
ethernet0.address = "00:50:56:XX:XX:XX"

VMware ESXiの場合

vSphere ClientでVMware ESXiサーバーに接続し、対象の仮想マシンのプロパティを開きます。ハードウェアの一覧から対象のネットワークアダプターを選択し、MACアドレスから「手動」を選択、任意のMACアドレスを指定して保存します。

VMware ESXiの場合

Hyper-Vの場合

Hyper-Vマネージャーを開き、対象の仮想マシンのプロパティを開きます。ハードウェアの一覧から対象のネットワークアダプターを選択し、MACアドレスから「静的」を選択、任意のMACアドレスを指定して保存します。

Hyper-Vの場合
記載の製品名および会社名はすべて、各社の商標または登録商標です。

NEOのすべての機能を無料体験

desknet's NEOの使いやすさをご体感ください。

パッケージ版無料お試しをする(60日間無料)

PAGE TOP