仮想環境に導入する際の注意点

VMwareやHyper-Vなどで構築した仮想マシン上にdesknet's NEOをインストールして使用する場合、あらかじめ仮想マシンのMACアドレスを静的に設定する必要があります。 ここではVMware ESX/ESXi、またHyper-Vでの具体的な設定方法を説明します。
(その他の仮想化プラットフォームの設定手順については、各製品のマニュアルな どを参照してください)

VMware ESXの場合

desknet's NEOをインストールする仮想マシンの定義ファイル(guestOS.vmx)を編集し、「ethernetX.addressType」行を"static"に、また「ethernetX.address」行に静的なMACアドレスを設定します。(Xはインターフェース番号)

設定例:
ethernet0.present = "true"
ethernet0.addressType = "static"
ethernet0.address = "00:50:56:XX:XX:XX"

VMware ESXiの場合

vSphere ClientでVMware ESXiサーバーに接続し、対象の仮想マシンのプロパティを開きます。ハードウェアの一覧から対象のネットワークアダプターを選択し、MACアドレスから「手動」を選択、任意のMACアドレスを指定して保存します。

VMware ESXiの場合

Hyper-Vの場合

Hyper-Vマネージャーを開き、対象の仮想マシンのプロパティを開きます。ハードウェアの一覧から対象のネットワークアダプターを選択し、MACアドレスから「静的」を選択、任意のMACアドレスを指定して保存します。

Hyper-Vの場合
記載の製品名および会社名はすべて、各社の商標または登録商標です。
無料でお試し
すべての機能は今すぐ無料で体験できます。
クラウド版は30日間無料でご利用可能。使いやすさをぜひお試しください。
インストールして試せるパッケージ版(60日間無料お試し)もございます。
導入でお悩みの方は
お気軽にご相談ください
お電話
横浜本社
大阪営業所
名古屋営業所
受付:平日9:00~12:00 / 13:00~18:00
メール
ウェブ問合せ
受付:24時間365日
さらに詳しく知りたい方へ
見てわかる、触ってわかる、全国各地でセミナー開催中
官公庁を含め、幅広い業種・規模でご利用いただいた事例をご紹介します。
クラウド版は1ユーザー400円から、パッケージ版は5ユーザー39,800円からご利用可能です。
実際に購入をご検討中の方から寄せられる多くの質問にお答えします。

PAGE TOP