導入事例

あらゆる業種・規模でご利用いただいています 現在159件の事例を掲載

導入事例のご紹介

パートナー企業と最新の営業ツールや掲載規定、表記ルールを共有。ユーザー・ファーストの求人情報で、人と企業をつないでいます。

ディップ株式会社

https://www.dip-net.co.jp/

  • 業種求人情報・人材紹介サービス、求人情報サイトの運営
  • ユーザー数225ユーザー
  • 利用形態クラウド版

<この事例のポイント>

【導入】 契約代理店全社と最新の業務情報、営業ツールを共有する手法が必要だった。

【採用】 異なる企業文化でも使いやすく、定着が早いdesknet's NEOを採用。

【効果】 全代理店で最新規約を共有。ユーザー・ファーストの品質管理を実現。

求人情報サイトの先駆けとして、ユーザー・ファーストの姿勢を貫きパートナー企業との情報共有を尊重。ブランドへの信頼感を醸成している。

「バイトル」「はたらこねっと」など、高い認知度を誇る各種求人情報サイトを展開するディップ株式会社様。最近では社員求人サイト「バイトルNEXT」で社員を目指す就業希望者の活躍を支援し、慢性的な人材不足に直面する看護師人材紹介の「ナースではたらこ」など社会性の高い求人分野にも着手。ユーザー数も前年比120%*を上回る水準で成長を続けています。
背景にあるのは、インターネットのメリットを最大限活かしたサイト機能と豊富な求人情報量やサイト名の圧倒的な認知度にあります。広告表現においてはつねに厳密な掲載ルールを適用し、desknet's NEOでパートナー企業(販売代理店)各社と広告表現ルールや最新の掲載規定を共有。健全な求人広告のあり方を追究し、ブランドへの信頼を堅持しています。
*2017年度実績

契約代理店全社と最新の業務情報、営業ツールを共有する手法が必要だった。

── インターネットの求人分野では抜群の知名度、ブランド力をお持ちです。

紙媒体が主流だった90年代終わりごろにインターネットの情報発信力に着目し、いち早く求人サイトに着手しました。ITの進化や普及とともに紙の媒体では難しかった表現もどんどん可能になり、多くのユーザー(求職者)とクライアント(求人企業)から支持をいただくようになったのだと思います。
ユーザー数も着実に増え続け、つねに前年比を上回る成長を続けています。利用者と情報件数の成長が、着実な広告効果や採用率の向上に結びついているとも考えられます。

── 求人サイトの広告表現にもさまざまな工夫が凝らされていますね。

的確に希望の仕事が探せる検索性や、就業先のイメージを深めることができる「動画機能」。希望職種の最新応募状況がわかる「応募バロメーター」や勤務時の「制服写真掲載機能」など、多彩な手法で求人企業の実像を伝える工夫をしています。
クライアントは企業や募集職種の魅力を伝えやすく、ユーザーは希望の仕事や職場に近いかどうか具体的かつ的確に判断できる。もちろん、広告表現の工夫だけではなく、「情報の正確さ」にはつねに細心の注意を払い、人と企業のベストマッチを目指しています。

── 成長を続ける事業のなか、グループウェアの活用で目指したものは何ですか?

「求人情報の正しさ」を守るための活用です。求人広告の表記には、求職者に不利益をもたらさぬよう現行の職業安定法等に基づいたガイドラインが定められており、給与や条件など求人情報の表記の正確さや、広告表現のルールにも厳密さを要求されます。
当社では、2004年から求人情報サイトの広告営業業務に代理店制度を導入することになり、全国の法人を対象に営業や広告制作における委託業務が始まりました。
パートナー企業様(販売代理店)には、最新の営業ツールや表記ルール、掲載規約、広告実績や効果測定データ等を提供し、正しく共有・理解していただく必要がありました。導入当初より自社内の利用ではなく、代理店様との情報共有の環境としてグループウェアを活用することが目的だったのです。

── グループウェア導入以前に直面していた課題はありましたか?

代理店制度を開始した当初は、渉外担当部門の社員が個別に各代理店様にメールなどで情報配信や資料提供をしていました。しかし、属人的な対応であったため配信する情報の内容や伝達スピードにムラが出てしまい、代理店様からのデータ等の問い合わせメールに見落としも生じていました。
当社と全代理店、双方向の確実な情報共有の環境を整備し、情報の量・質・スピードを均一化して、代理店様ごとの情報把握のバラツキをなくすことはとても重要な課題でした。

異なる企業文化でも使いやすく、定着が早いdesknet's NEOを採用。

── グループウェアの導入検討に際して特に留意した点は何ですか?

まず留意したのはパートナー企業(販売代理店)様各社がそれぞれ異なる企業文化を持っていること。さらにITスキルやレベルも想定できないことでした。新たに参入する企業や事業主も簡単なレクチャーのみですぐに実務で使いこなせるよう、機能的にわかりやすい製品であるべき、という意見は社内でも一致していました。

ディップ株式会社とパートナー企業全社で同一のポータルを活用。それだけで規約の更新情報、就職関連、労働規約に関する均一な最新情報をリアルタイムで共有できる。

── desknet's NEOご採用の決め手となったのは何ですか?

インターフェースがわかりやすく、ポータル画面のレイアウトが自由かつ簡単に編集できることでした。desknet's NEOのポータル画面をディップ株式会社とパートナー企業様全社で共有閲覧する事で、最新情報の配信状況、パートナー企業様からの問い合わせ、規約や表記ルールの改訂、資料の管理と閲覧、蓄積データの検索・確認など、業務情報のすべてを有効活用できるようにしました。

desknet's NEO採用の決め手となったのは
・ITスキルを問わない直感的な使用感。簡単なレクチャーのみで利用できる
・利用度が高いポータル画面の設定がしやすく、レイアウトの自由度も高い
・情報の更新や変更などの操作を誰もが簡単にできる
・コストパフォーマンス。ライセンス料が適価でパートナーの増加に対応しやすい
・ネット環境があればすぐに導入活用でき、パートナーの利便性を確保できる
・使用目的、事業の変化に応じて利用機能を追加、活用範囲を拡張できる

── パートナー企業(販売代理店)の皆さまへはどのように提供なさっていますか?

新規代理店契約の際には、渉外担当者が赴任して通常1〜2日の研修が行われますが、desknet's NEOに関しては約1〜2時間程度の説明で利用開始しています。あとは実際に運用しながら、疑問が生じた際に渉外担当がフォローするだけです。現在まで、特に運用上の大きな支障はありません。

全代理店で最新規約を共有。ユーザー・ファーストの品質管理を実現。

── desknet's NEOの情報共有で最も実現したかったことは何ですか?

まず、規定に則った正確な情報提供を重視し、求職者に不利益をもたらさぬようユーザー・ファーストの考え方、姿勢を全社で共有し貫くことでした。これはブランドの信頼性を維持する上で最も重要なことです。
さらに、掲載情報の質をいっそう高め、クライアント企業の実像を正確かつ魅力的に伝えることで、より確実な人と企業の出会い、ベストなマッチングを実現することですね。
あたりまえの事ですが、ユーザー・ファーストを掲げる背景には、「求職者に不利益があってはいけない」という基本認識があります。実際に求職者を守ることは、媒体と情報掲載企業の信頼維持とも密接な関係性があります。
求職者、求人企業をはじめすべてのステークホルダーに不利益をもたらさぬよう細心の注意を払って事業を推進していきたい。これが当社とパートナー企業の皆さまとの情報共有の根幹にある考え方です。

── 双方向の情報のやり取りに対して各機能をどのように割り当てましたか?

当社からパートナー企業様への情報提供には[インフォメーション]を活用。パートナー企業様から当社への情報請求には[ワークフロー]を活用しています。その他[文書管理][電子会議室]が主な活用機能ですね。

── [インフォメーション]の活用手法についてお聞かせください。

ディップ株式会社から全パートナー様への情報を一斉配信する場として、営業資料、営業ツールの最新版、表彰ランキングのお知らせ、掲載規定の改定通知、雇用情勢の最新トピックスなど、1日平均2〜3件の情報を告知しています。
最新事情のお知らせやレジュメなどはインフォメーションに直接ファイルを添付し、営業資料や掲載規定などボリュームがある資料に関しては[文書管理]に保管、更新情報を告知する手法をとっています。
表彰ランキングはパートナー様各社が販売状況を競い合いモチベーションアップを図り、期末ごとのパートナーキックオフでトップ営業の方や代理店様を表彰するものです。
掲載規定は広告表現のクオリティや広告倫理を管理する上で不可欠な情報、差別やNGワードの表現に関する表記マニュアルなどが含まれ、求人情報サイトの制作、運営上最も重要です。さらに、求人企業様が応募者を効果的に採用するためのノウハウや採用決定者へのフォローの手順を集約した、応募対応マニュアルなども共有しています。

── [ワークフロー]の活用状況についてはいかがですか?

パートナー様からディップ株式会社への「審査依頼」「効果事例」「掲載実績」などの各種申請に活用され、依頼総数は常時200〜300件。最も利用度の高い機能です。
特に重要なのは、代理店様が営業されている新規顧客が当社の掲載規定に則った企業かどうか、掲載前に確認を行う「審査依頼」の申請です。
特にナイト系のお仕事の審査は厳格で、内容によっては掲載NGになるケースもあります。審査依頼フォームに営業先企業様の必要な情報を記入していただき(企業名・店舗名・住所・連絡先など)代理店様の申請を受け、当社の審査部門の内容確認審査を経て審査結果を通知するという流れです。 [ワークフロー]を活用することで審査依頼の滞留がなくなり、誰が対応しているかもすぐわかる。審査決定の迅速化で営業支援にも効果を上げています。
「効果事例」は、営業先企業の同エリア同職種における効果測定データを抽出したものです。掲載順位、出稿計画の根拠となり、お客様も現状を把握した上で出稿プランを検討できるようになります。
「掲載実績」は新規営業先企業の掲載実績を確認するための申請で、直販営業およびパートナー間の不要なバッティングを予防するためのものです。

── desknet’s NEOがもたらした効果についてお聞かせください。

通常は社内の情報共有に利用されることが多いdesknet's NEOですが、あえて社外の契約代理店様との情報共有に用いたことは正解でした。個別のメールのやり取りでは実現し得ない事業全体の情報の流れが明快となり、全体でリアルタイムに共有したい情報も、情報統制を図りながら個別に提供したい情報も、趣旨や目的に応じて的確に管理・共有でき、パートナーの皆さまにも積極的に有効活用していただいています。異なる企業文化を持つ複数の会社が一つのプロジェクトを動かすのには最適ですね。
desknet's NEOでやり取りする情報はとても大切で、厳密な審査があるからユーザーも安心だし、出稿するクライアントも信用度が高まる相乗効果をもたらしてくれます。
有益な営業情報をパートナーの代理店様に提供する事が、媒体を選んでいただく動機づけ、ディップ株式会社とビジネス・パートナーとなるバリューとして捉えていただけるようにもなったと感じています。
desknet's NEOの情報共有はパートナー様の営業支援や広告クオリティを高め、ユーザー・ファーストの観点から求人広告の健全性を維持する上でも、もはや欠かせないものです。

ご活用中の機能と使い方

  • インフォメーション
    インフォメーション

    ディップ株式会社からパートナー企業(販売代理店)への情報提供に活用。業界最新トピックスや営業資料、営業ツール、掲載規定改定の通知など、1日平均2〜3件の情報を告知。複数のパートナーへの一斉配信が可能となり、均一的に情報配信をできるようになった。

  • ワークフロー
    ワークフロー

    パートナー企業(販売代理店)からディップ株式会社への情報請求に活用。「審査依頼」「効果事例」「掲載実績」などの各種重要情報の提供に際して、情報統制に基づき的確に管理・提供する事に成功している。

  • 電子会議室
    電子会議室

    パートナー企業(販売代理店)から申請を受けた「審査依頼」の結果通知を申請者に対して提供。
      

  • 文書管理
    文書管理

    求人情報を扱う上で重要かつ不可欠な、掲載規定、表記ルール、広告表現のマニュアルなどを保管。つねに最新版を閲覧でき、NGワードや差別表現の予防を図っている。

  • ポータル
    ポータル

    企業文化の異なる複数のパートナー企業(販売代理店)とディップ株式会社を結ぶ入り口であり、ビジネス上の生命線でもある。営業パンフレットや料金表などの営業ツールから掲載規定まで、業務に必要なあらゆる情報のすべてをここから照会している。

お話をうかがったご担当者様

  • メディア事業本部 代理店事業部 事業部長 柳田英之 様

    desknet's NEOの良いところはシンプルでわかりやすいところ。代理店様は、それぞれ異なる企業文化を持ち、情報伝達の経路も情報共有の手法も異なりますが、情報配信と共有の効率は飛躍的に進歩しています。事業拡大と共に社数がいくら増えても、情報提供に関して一定のクオリティが維持できます。
    代理店様の声やニーズをうかがいながら、さらに活用を拡げ、クオリティアップやセールス支援の活性化につなげていきたいと思います。

  • メディア事業本部 事業統括部 事業企画部 代理店事業企画課 課長 小林曜平 様

    代理店様の営業活動を支える上で、もはや欠かせないツールになっています。事業拡大につれて情報の浸透性、質、スピードも重要になってきておりdesknet's NEOの重要度も増しています。カスタマイズしやすく、必要な項目をすぐに追加でき、ポータル機能の改善も手早く簡単にできる。今後は代理店様の販売支援につながる活用法をさらに探っていきたいですね。使いたい機能も増えてゆくのでネオジャパンのサポートにも期待しています。

desknet's利用環境

製品名
desknet's NEO
ユーザー数
225ユーザー
導入時期
2005年

事業概要

企業名
ディップ株式会社
URL
https://www.dip-net.co.jp/
所在地
東京都港区
設立
1997年3月
事業内容
求人情報、人材紹介サービスの提供および求人情報サイトの運営。アルバイト・パートの「バイトル」、正社員・契約社員の「バイトルNEXT」、社員・派遣・パートの総合求人情報「はたらこねっと」などの各種求人情報サイトと、看護師人材紹介の「ナースではたらこ」を運営。求職者と求人企業双方の視点から、利便性の高い仕事情報を提供。人材需給のマッチングを図っている。

desknet's NEOのカタログなどをお送りします。
ご購入前のご相談もお気軽に
お問合せください。

資料を請求する

desknet's NEOのすべての機能を無料体験

desknet's NEOの使いやすさをご体感ください。

クラウド版無料お試しをする(60日間無料)

ご検討中のお客さまへ

PAGE TOP