パッケージ版 障害・メンテナンス情報

2020/08/25【障害情報】

2020年8月11日以降のAmazon ビジネス仕様変更に伴う配送ラベルの印刷表記について

2020年8月11日「Amazon ビジネス」サービスの仕様変更に伴い、Amazon ビジネス連携で注文を開始する際の配送先の「番地など」、「ビル名など」の設定値を見直していただく必要があります。
詳細は「事象/内容」をご確認いただき、お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、恒久対応が行われるまでは、[暫定対応]に記載の内容にてご対応をお願いいたします。

■対象製品およびバージョン

 製品名:
  desknet's NEO スモールライセンスおよびエンタープライズライセンス
 バージョン:
  V5.3 R1.0~V5.5 R1.2
 対象DB:
  PostgreSQL対応版、SQL Server対応版、Oracle対応版

■事象/内容
 2020年8月11日 9:00以降の発注確定時のタイミングで、配送ラベルの印刷表記が以下の順番に変わります。

  発送ラベル印刷表記順
   郵便番号:
   都道府県:
   市区町村:
   ビル名など:
   番地など:

  ※「ビル名など」「番地など」の印刷表記が逆になります。

 [暫定対応]
  配送先住所にて「ビル名など」に入力している住所を「番地など」にまとめていただきますようお願いいたします。

  例)
   番地など:西区みなとみらい二丁目2-1
   ビル名など:横浜ランドマークタワー10階
   ↓
   番地など:西区みなとみらい二丁目2-1 横浜ランドマークタワー10階
   ビル名など:

  ※全角20文字まで入力可能となります。
   20文字を超えてしまう場合は、「ビル名など」「番地など」を逆に入力していただきますようお願いいたします。

 [恒久対応](2020年 8月25日 更新)
  V5.5 R1.5にて対応いたしました。(PostgreSQL版のみ)
  お手数ですが、対応したバージョンへのアップデートをご検討いただきます様お願いいたします。
  ※SQL Server版、Oracle版は現在対応中となります。


以上となります。

この度は、ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。
ご不便をお掛けして申し訳ございませんが、ご理解の程、よろしくお願い致します。

障害・メンテナンス情報の一覧に戻る

PAGE TOP