パッケージ版 障害・メンテナンス情報

2018/09/11【障害情報】

[解決済み]2018年8月リリースのWindowsアップデート適用後のInternet Explorer 11の挙動について

2018年8月リリースのWindowsアップデート適用後、不特定端末のInternet Explorer 11にてdesknet's NEOのパレットメニューからオプションメニュー(他サイトへのリンク)をクリック時に、正しく画面が表示されない事象の報告がありました。


[事象]
・ブラウザに2018年8月リリースのWindowsアップデートを適用したInternet Explorer 11(KB4343205)を使用しdesknet's NEOのパレットメニューからオプションメニュー(他サイトへのリンク)をクリック時に、新規にタブは開くが画面が真っ白のままとなる。
 ※画面の再描画(F5キー)を行うと表示されます。
 ※MS Edge、Chrome、FireFoxでは同事象は再現いたしません。
 ※現時点でOSはWindows 7のみの報告となります。Windows 10での報告事例はなし。


[暫定対応]
・都度画面の再描画(F5キー)を行っていただく。

・desknet's NEO、及びオプションメニューでリンクしている先のサイトをブラウザ(IE11)の「信頼済みサイト」に追加することで事象が回避されたとの報告がございますのでお試しいただけますでしょうか。


[恒久対応] (2018年9月11日 更新)
 WindowsのKB4343900及びKB4343205の既知の不具合となります。
 対応されたWindowパッチ(KB4459022、KB4343894)がリリースされておりますので、お手数ですがWindowsアップデートにて最新の状態に更新いただけますでしょうか。
(Microsoft社英語サイト)
 https://support.microsoft.com/en-us/help/4343205
 https://support.microsoft.com/en-us/help/4343900

障害・メンテナンス情報の一覧に戻る

PAGE TOP