パッケージ版 障害・メンテナンス情報

2016/07/19【メンテナンス情報】

[解決済]desknet's NEO V3.5 R1.2にて保存期間設定によるメール削除を行った際の挙動について。

この度、desknet's NEO V3.5 R1.2にて以下の問題が確認されましたのでご報告いたします。

■対象製品及びバージョン

 製品名:
  desknet's NEO スモールライセンス及びエンタープライズライセンス
 バージョン:
  V3.5 R1.2
 対象DB:
  PostgreSQL対応版、SQL Server対応版、Oracle対応版


■事象/内容
 
 管理者設定の[基本設定]-[データの保存期間設定]にて「ウェブメール」:「受信トレイ」
 の設定値を「無制限」以外の値に設定されている際、
 各ユーザーでdesknet's NEOにログインしウェブメールにアクセスしたタイミングで
 以下のエラーメッセージが表示され、古いメールが削除されない事象が発生する場合がございます。

 ---
 警告
 古いメールの削除に失敗しました。
 関数引数が不正です。 [-6072]
 ---

 ※[設定]の[基本設定]にて「保存期間を超えた受信メールの削除確認」を「表示する」
  と設定されているユーザー様は古いメールを削除する旨の確認メッセージが表示されますが、
  この際「OK」ボタンを押下する事でエラーメッセージが表示され、古いメールが削除
  されない事象が発生いたします。


■本事象が生じる事による影響

 エラーメッセージが表示され古いメールの削除が行えません。


■暫定対応方法

 ・[データの保存期間設定]の「ウェブメール」:「受信トレイ」の設定値を「無制限」等の
  値に設定(拡張)いただく。

  ※お手数ですが、対応モジュールがリリースされるまでメールを個別に削除いただく必要が
   ございます。 


■恒久対応 ※2016/07/19更新

 本事象を含む対応を行いましたV3.5 R1.3をリリースいたしましたのでV3.5 R1.3以上に
 アップデートいただきますようお願いいたします。

 ※既に本事象に対する個別パッチをご提供いたしておりますお客様に関しましては、
  そのままアップデートいただきまして問題ございません。



以上となります。
この度は、ご迷惑・ご心配をお掛けし、誠に申し訳ありません。
製品品質の維持・向上に、より一層努力してまいりますので、今後とも何卒宜しくお願い致します。

障害・メンテナンス情報の一覧に戻る

PAGE TOP