デスクネッツ活用術#7 祝日設定で自社に合った独自の休日をスケジュールに表示させる

年号が「平成」から「令和」となり、祝日も様々変わりました。desknet’s NEOの祝日設定ではお客様独自の休日(創立記念日等)も設定することができます。自社に合った独自のお休みを設定することで社内への浸透率を高めることができるので、ぜひお試しください!今回は「創立記念日」を2020年9月10日(木)にCSVインポートで設定する方法をご紹介いたします。

 

 

◆1.2020年~2021年の祝日情報の削除

1-1. 管理者設定内の [休日カレンダー設定]を開きます。

 

 

 

1-2. [休日カレンダー設定]内の[祝日設定] を開きます。

 

 

1-3. 2020年~2021年の全ての祝日情報を削除します。

 

※インポート情報と日付が重複していますとインポート時にエラーが発生します。
CSVファイルを確認し、重複した日付が存在する場合はファイル側を削除してください。

 

 

◆2.CSVデータを作成します。

2-1.  下記に添付していますCSVファイルを ダウンロードします。

▼CSVファイルをダウンロード

※添付のCSVファイルは、2020年12月時点に確定しています
 2021年分の祝日情報が格納されております。

 

2-2 .CSVデータに「20200910 創立記念日」を記入し、保存します。

 

 

◆3. [祝日のインポート]機能から一括登録

3-1. 管理者設定内の[休日カレンダー設定]より[祝日のインポート]を開きます。

 

 

3-2. インポート対象を選択し、CSVファイルをインポートします。今回のインポート対象は「共通」とします。

 

これで、設定が完了します。2020年9月10日(木)に「創立記念日」が設定されました!

 

 

デスクネッツをうまく活用して、みなさまの会社にピッタリの業務効率化を!

 

▼スケジュール「祝日設定」の詳しい情報はこちら
スケジュール機能のカレンダー上の祝日が正しくありません。

 

【かんたん操作マニュアルダウンロード】desknet’s NEOをもっと活用しよう!

 

みなとデスクネッツ編集部

WRITER

みなとデスクネッツ編集部

もっと使いやすいデスクネッツを働くみなで作っていきたい! desknet's NEOをお使いいただいている皆さまがもっとデスクネッツを使いこなし、業務効率化をしていただくため、 現場目線で活用術や新バージョン情報をお伝えしていくメディアとして記事を執筆しています。