「Office 365連携」の制限事項

Office 365連携での制限事項および対応状況
(2019年11月現在)

現在確認されている問題、および制限事項です。

Outlook「予定表」と同期に関する制限事項です。

desknet's NEOからOutlookへの同期
  • ●「予定」、「予定詳細」が合わせて252文字以上になる場合、同期後は、252文字でカットされ、"..."が付加されます。
  • ●「場所」、「場所詳細」に、";"が含まれている場合、Outlook側の予定では、複数の場所項目として同期されます。また、「場所」、「場所詳細」が同じ文字列の場合、「場所」の値は除去されます。
     例: 場所「会議室」 場所詳細「1階; 大会議室」を同期すると、Outlook予定の場所「 会議室 1階 大会議室 」となります。
     例: 場所「会議室」 場所詳細「会議室」を同期すると、Outlook予定の場所「会議室」となります。
  • ●「開始時刻」、「終了時刻」が設定されていない予定を同期すると、Outlook側では「終日」予定となります。
  • ●「仮」オプションが設定されていても、「公開方法」"予定あり"として同期します。
  • ●「不定期の予定」は、同期すると、Outlook側では通常の予定に分解され登録されます。
  • ●「定期的な予定」を同期後、Outlook側で定期的な予定の1日の内容(日付は変更しない)を変更した場合、desknet's NEOで定期的な予定を削除すると、同期した際にOutlook側の予定は、すべて削除される。(1日だけ変更した予定も含み削除される。)
  • ●「利用設備」に選択している設備名は、Outlook「予定表」の「場所または会議室を追加」項目ではなく、「参加者」として同期します。
  • ●「登録先」にOffice 365メールアドレスを設定しているユーザーが選択されておらず、「利用設備」のみが選択されている予定は同期しません。
  • ●「登録先」が選択されている予定を同期する場合、ユーザー情報連携設定で、UPNが設定されているユーザーに対して、Outlook側でも権限(Outlookでは"編集が可能"という権限)を持っていないと同期できません。
  • ●「利用設備」に選択している設備が、Outlook側ですでに予約されていた場合、同期時に、Outlook側の会議室の予定が"辞退"となり、次回同期時に、desknet's NEOの利用設備から対象の設備が除去されます。
  • ●「承認依頼」が"承認依頼を行う"になっている予定は同期しません。
  • ●タイムゾーンを「UTC-4:30(カラカス)」に設定している場合、"該当データが存在しません。"エラーとなり、正しく同期できません。
  • ●添付ファイルの合計サイズが35MBを超える予定を同期すると、その予定が同期できなくなることがあります。
  • ●desknet's NEOから1日だけの定期予定(開始日と終了日が同じ定期予定)を同期した後、desknet's NEO側で"XXXX年XX月XX日のみ"で変更して再度同期を行っても、Outlookの予定は定期予定のままとなります。
  • ●定期的な予定に"2年以上の間隔を指定した毎年"繰り返し予定を同期すると、Outlookでは、「繰り返しパターン」が"毎年"の予定として登録されます。
  • ●Office 365に新たにユーザーを追加して、desknet's NEOとの同期を行う場合、最低24時間ほど経過しないと同期時にエラーが発生する場合があります。
    ※これは、Office 365の制限となります。以下、マイクロソフトのサイトを表示します。
    新規ユーザーが Office 365 ポータルで Outlook、予定表、およびユーザーへのリンクを利用できない
  • ●「定期的な予定」の「繰り返す間隔」の設定で、"2週間毎"の期間が設定されている予定は同期しません。
    (「定期的な予定」の「繰り返す間隔」の設定で、"2週"以上の期間の予定は同期しません。)
  • ●Outlookへの同期は「個人用の予定表」の「予定表」へ同期します。
Outlookからdesknet's NEOへの同期
  • ●「公開方法」"仮の予定"は通常の予定として同期します。
  • ●「繰り返しパターン」が"毎年同じ週"になっている予定を同期すると、desknet's NEOには"1年毎"の間隔で、日付指定の予定として同期します。
  • ●複数日に跨る定期の予定を同期すると、desknet's NEOの予定は、1日の「定期」予定に変更されます。
  • ●同期済の定期の予定を、通常の予定に変更し、再度同期しても、desknet's NEOの予定は、1日の「定期」予定のままとなります。
  • ●同期済の予定を、Outlookで削除し、desknet's NEOで変更すると、操作の順番にかかわらず、同期後にdesknet's NEOの予定が削除されます。
  • ●Outlookで毎年2月29日の繰り返しの予定を登録し、desknet's NEOに同期した場合、予定の開始日によって、desknet's NEOに同期した際の、繰り返し日が2月28日になることがあります。
     例:
      「2016年~2021年」の繰り返しで登録した場合は、desknet's NEOも「2月29日の定期予定」として同期します。
      「2017年~2021年」の繰り返しで登録した場合は、desknet's NEOでは「2月28日の定期予定」として同期します。
  • ●「OneDriveのリンクとして共有」設定になっている添付ファイルがある場合、ファイル情報がdesknet's NEOの「内容」欄に同期されます。
  • ●「内容」欄に1行の改行が入力されている予定を同期すると、desknet's NEO側の予定の「内容」には、2行分の改行となり同期されます。
  • ●「内容」の値は、テキストとして同期します。このため、再度同期すると、Outlook側の予定の内容もテキスト形式になります。(Outlookの内容は、本来リッチテキスト形式です。)
  • ●「非公開」の予定を同期すると、desknet's NEO側では、「閲覧先」が"登録先のみ"の予定として同期します。
  • ●desknet's NEOとのOffice 365連携の設定を行っていないユーザーが主催者になっている予定は同期できません。
  • ●desknet's NEOの共通設定で設定されている「入力時間単位」と一致していない入力時間の予定は同期できません。
  • ●同期済みの予定を、desknet's NEOで同期する範囲外の期間に変更した場合、desknet's NEO側の予定は同期されず、元の予定のままとなります。
  • ●「繰り返しパターン」の間隔を"16"の値で入力した予定を、同期することはできますが、同期した予定をdesknet's NEO側で変更することはできません。(desknet's NEOでは、"16"以上の定期間隔は入力できないため。)
  • ●「繰り返しパターン」を設定して登録した予定を同期した後、特定の日付の予定を編集(日付の変更を含む)すると、同期エラーとなります。(編集した予定を削除し、新しい予定として登録していただくことで同期できるようになります。)
     エラーログの内容は、以下の通りとなります。
     定期的な予定の同期に失敗しました。特定の日付のみで変更した予定を、定期的なパターンの範囲を超えて変更すると同期することはできません。定期的なパターンの範囲内に変更するか、変更した予定を削除することで同期が可能となります。[W6205007]
  • ●「タイトル」、「場所」、「内容」が未入力の予定は同期できません。
  • ●「タイトル」が255文字を超える場合、同期できません。
  • ●「場所」が255文字を超える場合、同期できません。
  • ●「内容」が2046文字を超える場合、同期できません。
  • ●「添付ファイル (ファイル名の長さ)」が255文字を超える場合、同期できません。
  • ●「繰り返しパターン」の設定で、"毎週"のパターンで、"2週ごと"の期間が設定されている予定は同期しません。(「定期的な予定」の「繰り返す間隔」の設定で、"2週"以上の期間の予定は同期しません。)
  • ●「参加者」に会議室のみ選択されている予定は同期しません。
  • ●「参加者」に選択した会議室が、desknet's NEO側ですでに予約されていた場合、同期エラーとなり対象の予定は同期できません。
  • ●「参加者」が選択されている予定を同期する場合、desknet's NEO側のユーザー、設備に対してアクセス権(追加・変更・削除の権限)を持っていないと同期できません。
  • ●「参加者」に選択されている会議室が、"辞退"になっている会議室情報は同期しません。このため、再度同期を行った場合、同期後には対象の会議室は「参加者」から除去されます。
  • ●予定の参加者のうち、"辞退"しているユーザーは同期しません。このため、再度同期を行った場合、同期後には「参加者」から除去されます。
  • ● キャンセル済み"になっている予定は同期しません。
  • ●「繰り返し」で、「終了日」が「なし」の定期の予定を同期すると、desknet's NEOには、「終了日」が「2038/1/16」の定期の予定として同期します。
  • ●desknet's NEOへの同期は「個人用の予定表」の「予定表」のみ同期します。
その他
  • ●[ Outlook「予定表」と同期 ]ボタンは、一般機能のみ表示します。(機能管理、ポータルには表示されません。)
無料でお試し
すべての機能は今すぐ無料で体験できます。
クラウド版は30日間無料でご利用可能。使いやすさをぜひお試しください。
インストールして試せるパッケージ版(60日間無料お試し)もございます。
導入でお悩みの方は
お気軽にご相談ください
お電話
045-640-5910
月~金曜日(祝祭日を除く)
9:00~12:00/13:00~18:00
メール
ウェブ問い合わせ
さらに詳しく知りたい方へ
見てわかる、触ってわかる、全国各地でセミナー開催中
官公庁を含め、幅広い業種・規模でご利用いただいた事例をご紹介します。
クラウド版は1ユーザー400円から、パッケージ版は5ユーザー39,800円からご利用可能です。
実際に購入をご検討中の方から寄せられる多くの質問にお答えします。

PAGE TOP