「SAML認証連携」の制限事項

SAML認証連携での制限事項および対応状況
(2020年2月現在)

現在確認されている問題、および制限事項です。

SAML認証連携に関する制限事項です。

共通
  • ●「SAML認証」でログイン後、desknet's NEOのログアウトを行うと、desknet's NEOからログアウトし、SAML(IdP)からはログアウトされません。このため、再度「SAML認証のアクセスURL」にアクセスすると、ログイン済の状態(IdP側でのログインなし)でdesknet's NEOのポータルが表示されます。
  • ●IdPのユーザーIDと、desknet's NEOのユーザーの「ログインID」は、大文字、小文字区別なしで比較します。IdP側でROOTと設定し、desknet's NEO側でrootと設定しても同じユーザーとみなして認証を行います。
HENNGE One (Office 365版)
  • ●"HENNGE One (Office 365版)"を利用したSAML認証を行う場合、desknet's NEOのユーザー情報の「ログインID」には、HENNGE Oneのユーザーに設定している「Office 365(UPN)」を設定する必要があります。
  • ●desknet's NEOのサーバーが、"http"(非SSL環境)で構築されている場合、HENNGE One認証後のdesknet's NEOへのリダイレクトが行われません。
HENNGE One (G Suite版)
  • ●"HENNGE One (G Suite版)"を利用したSAML認証を行う場合、desknet's NEOのユーザー情報の「ログインID」には、HENNGE Oneのユーザーに設定している「メールアドレス(SAML UID)」を設定する必要があります。
  • ●desknet's NEOのサーバーが、"http"(非SSL環境)で構築されている場合、HENNGE One認証後のdesknet's NEOへのリダイレクトが行われません。
無料でお試し
すべての機能は今すぐ無料で体験できます。
クラウド版は30日間無料でご利用可能。使いやすさをぜひお試しください。
インストールして試せるパッケージ版(60日間無料お試し)もございます。
導入でお悩みの方は
お気軽にご相談ください
お電話
横浜本社
大阪営業所
名古屋営業所
受付:平日9:00~12:00 / 13:00~18:00
メール
ウェブ問合せ
受付:24時間365日
さらに詳しく知りたい方へ
見てわかる、触ってわかる、全国各地でセミナー開催中
官公庁を含め、幅広い業種・規模でご利用いただいた事例をご紹介します。
クラウド版は1ユーザー400円から、パッケージ版は5ユーザー39,800円からご利用可能です。
実際に購入をご検討中の方から寄せられる多くの質問にお答えします。

PAGE TOP