Office365連携使用前の初期設定方法

インストール後、desknet's NEOにはメンテナンス用の管理権限を持つユーザーが登録されています。
このユーザーを使って、「Office365連携」の設定を行うためのメニューを追加します。

まずは、初期登録のユーザー(責任者)を選択しログインを行ってください。
(初期登録ユーザーには、パスワードは設定されていません。)

ログインすると、ポータル画面が表示されます。メニューから「管理者設定」を押し、ご利用環境に合わせてオプションメニュー設定を行ってください。

印刷ボタン

1.オプションメニューを追加する


管理者設定>メニュー設定>オプションメニュー設定から、「オプションメニューの追加」ボタンを押してください。



「Office365連携設定」メニューを追加します。以下の内容を入力してください。(指定のない項目は任意)

項目 入力値
メニュー名

任意のメニュー名を入力します。
例: Office365連携設定

URL お使いのサーバーがLinuxの場合、
zo365set.cgi
Windowsの場合、
zo365set.exe
のみ入力してください。
アクセス権設定 Administratorsロール
を設定してください。






「Office365連携個人設定」メニューを追加します。以下の内容を入力してください。(指定のない項目は任意)

項目 入力値
メニュー名

任意のメニュー名を入力します。
例: Office365連携個人設定

URL お使いのサーバーがLinuxの場合、
zo365set.cgi?cmd=o365psetuserentry
Windowsの場合、
zo365set.exe?cmd=o365psetuserentry
のみ入力してください。
アクセス権設定 Everyoneロール
を設定してください。




2.Office365関連のメニューを追加する(任意)


オプションメニューに、お使いになりたいOffice365アプリケーションのメニューを追加します。(お好みで追加してください。)
メニュー名(例) URL入力値 アイコン ※名前を付けて保存してお使いください。
(スライドメニュー用、パレットメニュー用、ポータルメニュー用)
Outlook

https://outlook.office.com

  
Word Online https://www.office.com/launch/word   

Excel Online

https://www.office.com/launch/excel   
PowerPoint Online https://www.office.com/launch/powerpoint   
OneNote https://www.onenote.com/   
Office365 https://www.office.com/   


以上でメニューの設定は終了です。
この後は、管理者の方が必要に応じて、ポータルメニューやパレットメニューに追加してください。