PassLogicの設定方法

desknet's NEO

PassLogicとdesknet's NEO SAML認証の利用方法についての説明です。

PassLogicとのSAML認証を行う場合、以下の順番で設定を行ってください。

①desknet's NEOの「SAML認証設定」

②本手順のPassLogicの設定

※desknet's NEOでの設定時に、PassLogic側で設定する"プロバイダ"の名称が必要となりますが、PassLogicの設定に、desknet's NEOへのSAML認証アクセスURLが必要となりますので、プロバイダ名は設定予定の名称でdesknet's NEO側に設定し、「SAML認証のURL」を取得した後、PassLogicの設定を行ってください。

1. PassLogic管理ツールにサインイン

インストール済のPassLogic管理ツールにサインインします。

PassLogiトップ画面

サインイン後、左メニューから①「Cloud>SP登録」メニューをクリックします。

2. SP一覧からのSPの追加

登録済のSP一覧が表示されます。
PassLogiアプリ一覧 画面下部の①「追加」ボタンをクリックしてください。

3. SP登録

SP登録画面が表示されます。

PassLogiアプリ登録

それぞれ以下の内容を入力します。

番号 項目名 入力値
No 任意の番号を入力します。ただし、登録済SPでユニークである必要があります。最初の1つ目であれば、"1"で問題ありません。
プロバイダ この設定に対して、任意の名称を指定します。例:NEO
ここで指定した名称がdesknet's NEO側でのSAML設定でも必要となります。
SAMLタイプ "SP initiated SSO"を選択してください。
NameIDフォーマット "urn:oasis:names:tc:SAML:1.1:nameid-format:unspecified"を選択してください。
UIDタイプ "uid"を選択してください。
RelayStateURL

ご利用中のdesknet's NEOにアクセスする際のURLを設定します。

例:https://servername.com/cgi-bin/dneo/dneo.cgi

Recipient

ご利用中のdesknet's NEOで、SAML認証を行う場合のURLを設定します。

例:https://servername.com/cgi-bin/dneo/zsaml.cgi

※本項目は、V5.1にて追加された「SAML認証設定」の設定状況画面に表示されているURLを指定してください。

PassLogic FQDN

PassLogicがインストールされているサーバーへのURLを指定します。

例:https://passlogic.domain.com

※本項目は、お客様の環境にインストールされているPassLogicのURLを指定してください。

入力が完了したら「次へ」ボタンを押します。

4. 入力内容の確認

登録内容の確認画面が表示されます。
PassLogiアプリ登録
内容に問題がなければ①「決定」ボタンを押してください。

5. 登録終了

登録は終了です。

スマートフォン版からもSAML認証をお使いになる場合、同様にSPの登録を行ってください。

PassLogiアプリ登録

以上で設定は終了です。

 

PassLogicに登録されているユーザーの「uid」が、desknet's NEOのユーザー情報「ログインID」に指定されているユーザーとして認証します。

 

desknet's NEOのSAML認証連携設定状況画面に表示されている「SAML認証に使用するURL」にアクセスし、SAML製品からのログインができることをご確認ください。
「SAML認証連携設定状況画面」については、マニュアルをご参照ください。