desknet's NEO (Linux+PostgreSQL) オプションバッチインストールガイド

desknet's NEO

desknet's NEO (Linux+PostgreSQL) オプションバッチのインストールについての説明です。

desknet's NEO 動作環境

Linux+PostgreSQL版のdesknet's NEO オプションバッチをインストールします。

インストール前にご一読ください

desknet's NEO Linux+PostgreSQL版をご利用いただく場合、desknet's NEO (Linux+PostgreSQL版)が正常に稼動している必要があります。事前にdesknet's NEOのインストールを行っていただきますようお願いいたします。

desknet's NEO (Linux+PostgreSQL) インストールガイド

 

1.パッケージの展開

ダウンロードしたファイルを展開します。

ここでは、ダウンロードしたファイルをFTPにて、"guest"ユーザーのホームディレクトリに転送しているという前提で説明します。

まずはrootユーザーにスイッチします。

[guest@xxxxxx guest]# su -
Password:

次に、ApacheのCGI実行ディレクトリに移動し、パッケージを展開します。

[root@xxxxxx guest]# cd /var/www/cgi-bin

[root@xxxxxx cgi-bin]# tar zxvf /home/guest/dneooptV10R20pg92lRE6.tar.gz

展開が完了すると、cgi-binディレクトリ下に「dneoopt」ディレクトリが作成されます。

展開された「dneoopt」ディレクトリのオーナーをApacheのサービス実行ユーザーに変更します。

[root@xxxxxx cgi-bin]# chown -R apache:apache dneoopt

 

2.シェルファイルの編集

バッチを実行するためのシェルファイルを編集します。

詳細はマニュアル(オプションバッチの利用方法)をご参照ください。

 

以上でdesknet's NEO (Linux+PostgreSQL版) オプションバッチのインストールは完了です。

 

desknet's NEO (Linux+PostgreSQL) オプションバッチの利用方法

 

記載の製品名および商品名は、各社の商標、または登録商標です。