Outlook「予定表」と同期

ログイン時に「Office 365でログイン」を行うと、スケジュール機能の画面上にOutlook「予定表」と同期ボタンが表示されます。
ボタンをクリックすることで、desknet's NEOのスケジュールデータとOutlookの「予定表」データを同期することができます。

印刷ボタン

予定データの同期


予定データの同期では、desknet's NEOの予定と、Outlookの予定で、最新のデータを同期します。
desknet's NEOの予定データが最新であれば、desknet's NEOの予定データをOutlookへ、Outlookの予定データが最新であれば、Outlookの予定データをdesknet's NEOへと同期します。
まずは、desknet's NEOのログイン画面で「Office365でログイン」をクリックしましょう。






desknet's NEOのOffice 365連携機能初回利用時には、「要求されているアクセス許可」の画面が表示されます。




Office365のサインイン画面が表示されます。



パスワード入力画面が表示されます。



正しくサインインできるとdesknet's NEOのポータル画面が表示されます。
これは、desknet's NEOのログイン画面から「Office365でログイン」ボタンを押した場合のみの動作です。
事前に、「Office 365連携個人設定」を行っておくことで、Office 365でサインインした後、Office 365のアカウント情報でdesknet's NEOのユーザーでログインすることができます。
(ここからサインインすることで、スケジュールデータの同期が可能となります。)
「Office365でログイン」ボタンからログインした際、既に「Office365連携個人設定」で、「自動で同期」が"行う"に設定されていると、設定されている間隔で自動的に同期処理が行われます。



では次に、desknet's NEOの「スケジュール」で予定を登録しましょう。



次に、Office365にアクセスし、Outlookの「予定表」を見てみましょう。



それでは、次にOutlookの「予定表」で予定を登録してみましょう。



次にdesknet's NEOの「スケジュール」で"Outlook「予定表」と同期"ボタンをクリックしましょう。



同期が完了すると、予定データが表示されます。



desknet's NEOとOffice365からログアウトします。プロフィールメニューの「ログアウト」リンクをクリックします。