自治体・学校での利用

自治体・学校における情報共有・業務効率の向上に

庁内の業務効率向上や住民サービスの充実といった自治体が抱える課題を解決するには、ICT化の促進が欠かせません。
自治体のICT化は「世界最先端IT国家」を目指す国家戦略の一環でもあります。

組織の情報共有や業務効率アップに欠かせないツールにグループウェアが挙げられます。
グループウェアのデスクネッツは、全国900を超える自治体や学校でご導入頂き、地域の情報化推進や住民サービスの向上にご活用頂いています。

全国自治体・学校の導入実績
  • 香川県×四国日立システムズ
  • 宮崎県×南日本ネットワーク
  • 秋田県×株式会社アイシーエス

自治体・学校におけるデスクネッツ導入のキーポイント

行政サービスの向上、行政経営品質向上

ひとくちに行政サービスといっても、住民のニーズは多様化・高度化しており、解決策は様々。一つのポイントは、庁内職員間または職員と住民との「情報共有」にあるといえます。情報共有を手軽に行える「デスクネッツ ネオ」がその有効なツールとなります。

災害時に情報共有をしながら迅速対応――熊本県水俣市役所

水俣市では、庁内の情報共有を活性化させるためデスクネッツを採用。全庁導入したシンクライアントとマッチさせ、職員がいつでもどこでも行政情報に安全にアクセスできるようになり、住民サービスの向上につながった。防災情報や雨雲レーダー図をポータル画面に表示するなど、緊急時の迅速な連携にも効果を発揮。

【主な使用機能】
  • スケジュール
    市長、副市長以外の全職員が制限なしで利用。スマートフォン利用者のスケジュール管理も容易に。
  • 伝言・所在
    相手のスケジュールも表示されるため、手軽な職員間メールとしても定着。

熊本県水俣市役所の導入事例を見る

職員の自由な意見交換から、行政サービスを改革――群馬県館林市役所

地域イントラネットの構築と同時に、施設や職員間を結ぶためのデスクネッツを導入した館林市。デスクネッツの利用によって、全職員がメールを使うという情報環境の変化がもたらされた。またデスクネッツ上で、行政サービスを改善するための自由闊達な意見交換も行われるようになった。

【主な使用機能】
  • インフォメーション
    全職員への情報告知、台風情報や防災情報などリアルタイムの通知に活かされている。
  • 電子会議室
    職員間の活発な意見交換の場として活用され、市民へのサービスのあり方、業務改善に関する活発な意見交換の場として定着。

群馬県館林市役所の導入事例を見る

いつでもどこでも情報を共有、業務変革のカギを握るグループウェア
デスクネッツ ネオ画面

デスクネッツは、どの画面からも新着通知をキャッチ。新たに発生したタスクや急ぎのメモは即座に残せます。
また、社内に散在する様々な情報をポータル画面で集約できるため、事務処理の効率が向上します。

スケジュールや回覧、インフォメーションなどをデスクネッツ上で一括管理することで、情報伝達・共有の迅速化を図ることができます。

25のアプリケーション紹介を見る

グループウェア導入に際して十分に考慮しなければならないのは「機能」と「価格」です。
サービス内容や機能、ユーザービリティ、セキュリティ、運用管理負担という点もじっくり考慮しての検討が必要となります。
将来的なスマートフォンやタブレットでの導入に備え、マルチデバイス対応という観点も選定のポイントとなります。

desknet's NEOのカタログなどをお送りします。
ご購入前のご相談もお気軽に
お問合せ下さい。

資料を請求する

NEOのすべての機能を無料体験

desknet's NEOの使いやすさをご体感ください。

クラウド版無料お試しをする(60日間無料)

PAGE TOP