自治体・学校での利用

自治体・学校における情報共有・業務効率の向上に

庁内の業務効率向上や住民サービスの充実といった自治体が抱える課題を解決するには、ICT化の促進が欠かせません。
自治体のICT化は「世界最先端IT国家」を目指す国家戦略の一環でもあります。

組織の情報共有や業務効率アップに欠かせないツールにグループウェアが挙げられます。
グループウェアのデスクネッツは、全国900を超える自治体や学校でご導入頂き、地域の情報化推進や住民サービスの向上にご活用頂いています。

全国自治体・学校の導入実績
  • 香川県×四国日立システムズ
  • 宮崎県×南日本ネットワーク
  • 秋田県×株式会社アイシーエス

自治体・学校におけるデスクネッツ導入のキーポイント

スムーズな運用開始、コスト・管理負担の軽減

自治体によっては、他の業務と兼任で情報システムの管理を行なっている場合も少なくありません。導入時の負担を最小限にすることはもちろんのこと、運用後に発生する管理負担やコスト、サポート面での課題解決も重要なポイントの一つです。

リプレイスでコスト削減と管理負担低減を実現――北海道砂川市役所

砂川市では、障害の発生や永続的なバージョンアップという課題があった前製品から、デスクネッツ(パッケージ版)へのリプレイスを実施。導入後は不具合や障害がなく、運用面の負担が軽減された。定期的バージョンアップやサポートなどの保守体制も高く評価。

【主な使用機能】
  • ワークフロー
    主に三役スケジュールを確定する際の秘書への事前申請に活用。
  • 文書管理
    庁内業務では紙の申請が多く、各種申請書や届出書、書式のフォーマットなどを管理。古い書式の誤用の防止にもなっている。

北海道砂川市役所の導入事例を見る

クラウド化でBCP対策。運用負荷軽減も――神奈川県三浦市役所

三浦半島の沿岸部に位置する三浦市では、分散する庁舎間での情報共有にデスクネッツを活用中。2011年の東日本大震災での停電・システム停止を機に、クラウド版へ移行。災害時にもいち早く職員が連携し、住民への情報提供や復旧対策が取れる環境を実現した。

【主な使用機能】
  • ポータル
    トップ画面に他の業務システムへのリンクを追加し、各種庁内システムへの窓口として利用。
  • インフォメーション、回覧・レポート
    出先機関の職員もリアルタイムで通達を確認でき、情報伝達のタイムラグがなくなった。
    また、回覧のコメント機能は、正式な押印の必要のない簡易的な「承認」として利用。庁内のペーパーレス化にも一役買っている。

神奈川県三浦市の導入事例を見る(PDF) ※『月刊ガバナンス』平成27年7月号掲載

クラウド版で運用負荷を限りなく少なく

デスクネッツ ネオはパッケージ版だけでなく、自社サーバーを持たずにサービスだけ利用するクラウドサービスや、パブリッククラウド・レンタルサーバーへのインストール、自社サーバーや仮想化・プライベートクラウドへのインストールなど、要件に応じた幅広い環境をサポート。管理者の負担を限りなくゼロにすることが可能です。堅牢なデータセンター上で運用されるため、万が一の災害時にもシステム継続性が確保でき、業務継続計画(BCP)対策の実現にも効果を発揮します。

デスクネッツのクラウドサービス

費用対効果を厳しく精査しグループウェアを選ぶ

デスクネッツ ネオ画面

ワークフローや回覧、共有文書の更新履歴などをデスクネッツ上で一括管理することで、紙の消費を含めたコストの削減とともに、情報共有の迅速化を図ることにもつながります。

25のアプリケーション紹介を見る

グループウェア導入に際して十分に考慮しなければならないのは「機能」と「価格」です。 業務に必要な機能が備わっているのは勿論のこと、同時に初期投資費用そして追加費用などのコストを抑えられる点も、導入にあたっての重要なポイントとなります。

desknet's NEOのカタログなどをお送りします。
ご購入前のご相談もお気軽に
お問合せ下さい。

資料を請求する

NEOのすべての機能を無料体験

desknet's NEOの使いやすさをご体感ください。

クラウド版無料お試しをする(60日間無料)

PAGE TOP