よくあるご質問

購入前から利用中の"困った"までを解決する質問&回答集

質問

「データベースの接続に失敗しました。…」とエラーが発生します。(SQL Server版)

回答

対象:SQL Server版

 運用中にdesknet’s NEOへのレスポンスが遅くなりましたり、「データベースの接続に失敗しました。~」のメッセージが表示され、SQL Serverのログに以下のようなログが出力される場合がございます。

=========
YYYY-MM-DD hh:mm:ss spidXX Autogrow of file ‘dneodb_log’ in database ‘dneodb’ was cancelled by user or timed out after XXXXXX milliseconds. Use ALTER DATABASE to set a smaller FILEGROWTH value for this file or to explicitly set a new file size.
=========

 上記ログは、データベースのトランザクションログファイルの拡張に時間がかかり、タイムアウト値 以内に拡張できなかったことが要因で生じたものとなり、こちらが影響しdesknet’s NEOにて動作が遅い/接続できない等の事象が生じているものと推測されます。

 本エラーは拡張する空き容量がない場合も起こりますので、まずはSQL Serverの空き容量が十分にあるかご確認いただけますでしょうか。

 空き容量が十分にある場合は、「dneodb_log」の自動拡張値を小さく設定していただく、「復旧モデル」を変更いただく等で今後本事象が生じづらくなるかと存じます。
※以下は変更例となります。詳細はSQL Serverを構築いただきましたご担当者様にご相談いただければ幸いです。

 ■「dneodb_log」の自動拡張値変更例

  [SQL Server Management Studio]を起動、[dneodb]を右クリックで[プロパティ]
  から[データベースのプロパティ]を開き、[ファイル]より「dneodb_log」の
  自動拡張を初期値の「10」%から「100」MB単位等固定で拡張する。

 ■「復旧モデル」を変更例
  [SQL Server Management Studio]を起動、[dneodb]を右クリックで[プロパティ]
  から[データベースのプロパティ]を開き、[オプション]より[復旧モデル]を
  「完全」から「単純」に変更する。
  ※[復旧モデル]を「完全」の場合はログは蓄積されたままとなりますので、
   定期的に
トランザクションログの「切り捨て」を行っていただく事を推奨
   いたします。

 

パッケージ版の運用・管理
[質問ID]
NEO-T0301
[対象]
全バージョン(SQL Server版のみ)
[最終更新日]
2017/02/06

お悩み・疑問は解消されましたでしょうか?
不明な点やまだお困りの点がございましたら、下記よりお問合せください。

desknet's NEOをご利用中のお客さま

機能・操作方法に関するお問合せ

クラウド版:0120-365-800
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:00~12:00、13:00~18:00

パッケージ版:045-640-5775
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:30~12:00、13:00~18:00

※お問合せ内容により、担当部署から改めてのご回答となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

導入を検討中のお客さま

  • 詳しい資料をご送付
  • セミナー情報

PAGE TOP