よくあるご質問

購入前から利用中の"困った"までを解決する質問&回答集

質問

リビジョンアップモジュール適用前の注意事項を教えてください。

回答

以下の内容のご確認/実施をお願いいたします。
 
1.必ず事前にdesknet’s NEOデータのバックアップを行ってください。
 - PostreSQLの場合はこちら(Windows / Linux)
 - SQL Server / Oracleのデータバックアップ及びリストアの方法につきましては
  付属の資料をご確認いただくか、別途お問い合わせください。
 
2.適用いただくリビジョンアップモジュールが正しいかご確認ください。
 ※現在のdesknet’s NEOのバージョン(リビジョン)の確認方法
 
3.ユーザーがdesknet’s NEOにアクセスしていないタイミングで行ってください。
 desknet’s NEOをご利用いただいている方へのアクセスの停止をご通知ください。
 データコンバート中に、desknet’s NEOにてデータの登録や変更・削除、メールの
 受信などを行うと、リビジョンアップ処理に失敗する可能性があります。

4.desknet’s NEOの[スケジューラー][文書管理自動取込]サービスが起動している場合
 は停止してください。
 Windowsの場合:
  タスク マネージャ―を起動し「zbatscheduler.exe」「zbatdocreminder.exe」
  が起動している場合は選択しタスクの終了を行う。
 Linuxの場合:
  以下のコマンドを入力
  # pkill -9 zbatscheduler
  # pkill -9 zbatdocreminder
 
5.ウイルスチェック製品の停止
 リビジョンアップ中に、ウイルスチェック製品などにより、ファイルの検疫が
 行われると、データの不整合が発生し、リビジョンアップに失敗する可能性が
 あります。
 
6.バックアップソフトウェアの停止
 リビジョンアップ中に、バックアップなどを行うと、処理性能に大きく影響
 します。
 
7.サーバーの再起動時間の確認
 リビジョンアップ中に、サーバーの再起動などが行われると、データの破損や
 欠落につながります。絶対に再起動などは行われないようにお願いいたします。
 WindowsOSの場合には、”Windows Update”などによる自動更新後の再起動など
 もご注意ください。
  
8.ホームディレクトリ(ドキュメントルート)のパス確認
 サーバーにて、Webサーバーで設定しているホームディレクトリのパスを事前に
 確認してください。
 デフォルトのパスから任意に変更されている場合は特に注意し、インストールする
 際にそちらのパスを指定するようにしてください。
 
9.バージョンアップモジュール/リビジョンアップモジュールのインストールは、
 Administrator権限を持つユーザーでログオンして実行してください。
 
10.V5.0以上をご利用、かつ「ウェブ会議」機能をご利用中の場合、
 「desknet’sNEO-WebMeeting」サービスを停止してください。
  
 ◇Windowsの場合
  Windowsのサービス一覧より「desknet’sNEO-WebMeeting」サービスを
  停止を行ってください。

 ◇Linuxの場合
  ターミナルにてrootユーザーでログインし、
  「service desknetsNEO-WebMeeting stop」コマンドを実行してプロセスを
  停止してください。

 
  
  
 以上となります。
 
 
 また、WindowsOSのリビジョンアップモジュールの実行時に
 ---
 インストールを続行できません。
 起動中のプログラムが見つかったため、インストールを続行することができま
 せんでした。
 起動中のプロセスを停止し、再度インストールを実行してください。
 ---
 のメッセージが表示される場合は以下のいづれかのモジュールが起動しており
 上記「3」または「4」が行われていない可能性がございます。
 再度ご確認後、リビジョンアップを再実施いただけますでしょうか。
 
 <プロセスチェックの対象モジュール>
 ・zbatscheduler.exe
  [スケジューラー]サービスです。
 ・zbatalarm.exe
  アラーム通知で使用するプロセスです。
 ・zbatreminder.exe
  予定通知で使用するプロセスです。
 ・zbatuserinfodel.exe
  保存期間が切れたユーザー情報の削除で使用するプロセスです。
 ・zbatsessiondel.exe
  有効期限が切れたセッション情報の削除で使用するプロセスです。
 ・zbatsavedel.exe
  保存期間が切れたアクセスログの削除で使用するプロセスです。
 ・zbatwautorecv.exe
  ウェブメール自動受信で使用するプロセスです。
 ・zbatwrecv.exe
  ウェブメール受信で使用するプロセスです。
 ・zbatdocreminder.exe
  [文書管理自動取込]サービスです。
 ・zrdoc.exe
  文書管理の登録で使用するプロセスです。
 ・zbatoptfts.exe
  文書管理の詳細検索の登録で使用するプロセスです。
 ・zbatwvacuum.exe
  ウェブメールの個人アカウントのメール索引の最適化で使用するプロセスです。
 ・zbatwvacuumshare.exe
  ウェブメールの共有アカウントのメール索引の最適化で使用するプロセスです。
 
 
 
  

パッケージ版の運用・管理
[質問ID]
NEO-T0240
[対象]
全バージョン
[最終更新日]
2016/04/18

お悩み・疑問は解消されましたでしょうか?
不明な点やまだお困りの点がございましたら、下記よりお問合せください。

desknet's NEOをご利用中のお客さま

機能・操作方法に関するお問合せ

クラウド版:0120-365-800
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:00~12:00、13:00~18:00

パッケージ版:045-640-5775
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:30~12:00、13:00~18:00

※お問合せ内容により、担当部署から改めてのご回答となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

導入を検討中のお客さま

  • 詳しい資料をご送付
  • セミナー情報

PAGE TOP