よくあるご質問

購入前から利用中の"困った"までを解決する質問&回答集

質問

データのバックアップ及びリストアの方法を教えてください。
【Windowsサーバー - PostgreSQL対応版】

回答

desknet’s NEOのデータは、大きく分けて4つに分類されます。

①desknet’s NEO利用時に作成される一時ファイル
 (インストール先の「data」フォルダ)
②各機能にて添付するファイルデータ
 (インストール先の「file」フォルダ)
③「ウェブメール」機能で保存されるメールデータ
 (インストール先の「wmldata」フォルダ)
④各機能で登録する添付ファイル(②)及びメールデータ(③)以外のデータ
 (PostgreSQLのデータベース内に保存)

 

 

 

このうち、バックアップしていただく必要があるデータは、②~④となります。
※①のバックアップは不要です。

【注意1】

これらのデータはそれぞれ密接に関連付けられています。
完全性を保った形でのバックアップを取得する為には、一時的にdesknet’s NEOのサービスを停止し、データの更新が行われない状態でバックアップを行う必要があります。(オフラインバックアップ)

(1)常駐しているスケジューラーを停止

(2)Webサーバーを停止 (ユーザーからのアクセスをすべて遮断)

(3)バックアップを取得

(4)Webサーバーおよびスケジューラーを再開

 なお、上記のようにWebサービスを停止せずにバックアップを取得(オンラインバックアップ)することも可能ですが、推奨はしておりません。
ファイルの更新処理中にバックアップが行われた場合など、一部ファイルのバックアップに失敗した場合に、そのバックアップデータからリストアを行うと、以下のような問題が発生する可能性があります。
・添付ファイルを開けなくなる、または0バイトになる
・メールを開けなくなる 等

 上記リスクを理解の上、オンラインバックアップを検討される場合は、以下も参考にしてください。
・バックアップ失敗のリスクを減らすため、可能な限りアクセスのない時間帯に計画
します。
・安全の為、直近数回分のバックアップデータを保全するようにします。
・サーバーメンテナンス時等、定期的なオフラインバックアップの取得も運用計画
に組み込みます。

【注意2】

恐れ入りますが、部分的なユーザーや機能単位のバックアップ・リストアは行えません。

【注意3】

desknet’s NEO V2.0よりデータベースのバックアップ/リストア対象に「dneoftsdb」が追加されました。

 

 

データのバックアップ

②各機能にて添付するファイルデータ
 (インストール先の「file」フォルダ)
③「ウェブメール」機能で保存されるメールデータ
 (インストール先の「wmldata」フォルダ)
④各機能で登録する添付ファイル(②)及びメールデータ(③)以外のデータ
 (PostgreSQLのデータベース内に保存)

のデータをバックアップします。

本手順は以下を前提に説明いたします。
・desknet’s NEOのインストール先:「C:\inetpub\scripts\dneo」
・PostgreSQLのインストール先:「C:\Program Files\PostgreSQL\9.3」
・バックアップ先:「C:\neo\backup」

1.常駐しているスケジューラーを停止

スケジューラーを起動されている場合、スケジューラーを停止してください。
[停止コマンド例]
> taskkill /F /IM zbatscheduler.exe

※スケジューラーを停止せずにバックアップを取得(オンラインバックアップ)
する
ことも可能ですが、バックアップのタイミングによりましては失敗しま
したり、
データ不整合が生じる可能性がある為推奨はしておりません。

2.Webサーバーを停止

Webサーバーを停止してください。
[Webサーバー(IIS)停止コマンド例]
> net stop w3svc

※Webサーバーを停止せずにバックアップを取得(オンラインバックアップ)
する
ことも可能ですが、バックアップのタイミングによりましては失敗しま
したり、
データ不整合が生じる可能性がある為推奨はしておりません。

3.バックアップを取得

3-1.PostgreSQLデータベースのバックアップ

④各機能で登録する添付ファイル及びメールデータ以外のデータ
 (PostgreSQLのデータベース内に保存)
をPostgreSQLの「pg_dump」コマンドでバックアップします。

まず、Windows付属のコマンドプロンプトを起動し、PostgreSQLのインストール先の
「bin」フォルダに移動します。

次に、以下のコマンドにてデータベースファイルをダンプします。
[データベースバックアップコマンド例]
> C:
> cd C:\Program Files\PostgreSQL\9.3\bin
> pg_dump.exe -b -Fc -U postgres dneodb > C:\neo\backup\dneodb.pgdmp
> pg_dump.exe -b -Fc -U postgres dneoftsdb > C:\neo\backup\dneoftsdb.pgdmp

   ※PostgreSQL9.2をご利用の場合、上記コマンドの「9.3」を「9.2」に読み替えて
    ください。
     
※「パスワード」の入力要求が表示された場合は”postgres”ユーザーのパスワード
     
を入力します。(desknet’s NEOのインストーラーでPostgreSQLをインストール
     た場合は、パスワードは”postgres”となります。)
     「pgAdminⅢ」を起動し、PostgreSQLにパスワードを保存し接続してください。
  
     ※desknet’s NEO V2.0よりデータベースのバックアップ対象に「dneoftsdb」が
      
追加されました。

 3-2.添付ファイルデータ・メールデータのバックアップ

②各機能にて添付するファイルデータ
 (インストール先の「file」フォルダ)
③「ウェブメール」機能で保存されるメールデータ
 (インストール先の「wmldata」フォルダ)

をバックアップします。
「file」「wmldata」フォルダをコピーコマンド等でバックアップしてください。
※サーバーにバックアップソフトやファイル圧縮・解凍ツール等をインストール
しお使いの場合、そちらをお使いいただいても問題ありません。

[コピーコマンド例(xcopy)]
> xcopy C:\inetpub\scripts\dneo\file C:\neo\backup\file /e /c /h /i /y
> xcopy C:\inetpub\scripts\dneo\wmldata C:\neo\backup\wmldata /e /c /h /i /y

[コピーコマンド例(robocopy)]
> robocopy C:\inetpub\scripts\dneo\file
C:\neo\backup\file /MIR /Z /FFT /R:3 /W:10 /NP      ←1行入力
> robocopy C:\inetpub\scripts\dneo\wmldata
C:\neo\backup\wmldata /MIR /Z /FFT /R:3 /W:10 /NP    ←1行入力

※オプション等の詳細はOS付属のマニュアルをご参照ください。

4.Webサーバーおよびスケジューラーを再開

Webサーバーを開始してください。

[Webサーバー(IIS)開始コマンド例]
> net start w3svc

※スケジューラーはWindows付属の管理ツール-「タスクスケジューラー」で設定
 された時間に自動起動されます。

 [よくあるご質問]
Windows版用「スケジューラー」の実行方法を教えてください。

 

以上でバックアップは終了です。
※バックアップ等を自動化されたい場合は、上記コマンドをbatファイル化し、そのbatファイルをタスクスケジューラ等で定期的に実行するように設定してください。

 

 

 

データのリストア

データをリストアし、desknet’s NEOをバックアップした時点に戻す場合、元のデータを削除いただく必要あります。

【注意1】
本手順は、正常にバックアップが取得できている事が前提の手順となります。
 不完全なバックアップデータですと、正常にdesknet’s NEOがご利用いただけ
ませんのでご注意ください。

【注意2】
バックアップ時点と、現在お使いのdesknet’s NEOのバージョン(リビジョン)
が異なる場合、一度、インストールされているdesknet’s NEOをアンインス
トールし、インストール先フォルダ(通常、「dneo」フォルダ)を削除して
ください。
その後、再度、データのバックアップを取った時点でのdesknet’s NEOと同じ
バージョンをインストールしてください。

【注意3】
データのリストアを行われるサーバが、バックアップを行ったサーバと異なる
場合、ライセンスキーの再申請が必要となります。
ライセンスキー申請

 1.PostgreSQLデータベースのリストア

まず、Windows付属のコマンドプロンプトを起動し、PostgreSQLのインストール先にある「bin」フォルダに移動します。
次に、以下のコマンドにてデータベースを削除し、データべースファイルをリストアします。

[データベースリストアコマンド例]
> C:
> cd C:\Program Files\PostgreSQL\9.3\bin
> dropdb.exe -U postgres dneodb
 > dropdb.exe -U postgres dneoftsdb
 > pg_restore.exe -U postgres -C -Fc -d template1 C:\neo\backup\dneodb.pgdmp
 > pg_restore.exe -U postgres -C -Fc -d template1 C:\neo\backup\dneoftsdb.pgdmp

    ※PostgreSQL9.2をご利用の場合、上記の「9.3」を「9.2」に読み替えてください。
    ※必ず「dropdb.exe」コマンドでdneodb / dneoftsdbの削除を行ってください。
     削除されないと不整合が発生し予期しない動作をする場合がありますので
     ご
注意ください。
    ※「パスワード」の入力要求が表示された場合は”postgres”ユーザーのパス
     ワード
を入力します。(desknet’s NEOのインストーラーでPostgreSQLをイン
     ストール
した場合は、パスワードは”postgres”となります。)
    ※desknet’s NEO V2.0よりデータベースのリストア対象に「dneoftsdb」が
     追加されました。
 
 
  
2.添付ファイルデータ・メールデータのリストア

   1)インストール先の「file」、「wmldata」フォルダを削除します。
    ※必ず「file」と「wmldata」フォルダの削除を行ってください。
     削除されないと不整合が発生し予期しない動作をする場合がありますので
     ご注意ください。
   2)バックアップした「file」と「wmldata」フォルダをインストール先に戻します。
 
 
 以上でリストアは終了です。

 ※リストア後に、desknet’s NEOのレスポンスが低下します場合は、
  データベースの最適化を実施してください。
  [FAQ:最適化の方法について]
  https://www.desknets.com/neo/faq/result/1615/ 
 
 
 

パッケージ版の運用・管理
[質問ID]
NEO-T0064
[対象]
全バージョン
[最終更新日]
2014/02/19

お悩み・疑問は解消されましたでしょうか?
不明な点やまだお困りの点がございましたら、下記よりお問合せください。

desknet's NEOをご利用中のお客さま

機能・操作方法に関するお問合せ

クラウド版:0120-365-800
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:00~12:00、13:00~18:00

パッケージ版:045-640-5775
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:30~12:00、13:00~18:00

※お問合せ内容により、担当部署から改めてのご回答となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

導入を検討中のお客さま

  • 詳しい資料をご送付
  • セミナー情報

desknet's NEOのカタログなどをお送りします。
ご購入前のご相談もお気軽に
お問合せ下さい。

資料を請求する

NEOのすべての機能を無料体験

desknet's NEOの使いやすさをご体感ください。

クラウド版無料お試しをする(60日間無料)

ご検討中のお客さまへ

PAGE TOP