よくあるご質問

購入前から利用中の"困った"までを解決する質問&回答集

質問

データを間違って削除してしまいました。ユーザーや機能単位のデータの復旧は行えますか。

回答

恐れ入りますが、ユーザー単位や、機能単位の個別のデータの復旧は行えません。

バックアップデータを元に全てのデータを対象にバックアップ時点のデータにリストアいただく必要がございます。
 ※部分的なユーザーや機能単位のバックアップ・リストアも行えません。

ただし、バックアップを取得されている場合は、他のサーバーを用意いただき、
同バージョン(リビジョン)のdesknet’s NEOを構築いただき、バックアップデータを
リストアすることでログインしてデータの参照が行えますので、こちらより削除さ
れた対象データを参照したり、ダウンロードして、稼働中のdesknet’s NEOに再登録
して頂いたり、エクスポートしたデータを取り込むなどしていただきますようお願い
致します。

 ※V2.5以上であればウェブメールのメールデータをインポートすることは可能で
  ありますのでエクスポート/インポートの手順は以下をご確認ください。
  [メールデータのエクスポート]
   http://www.desknets.com/neo/faq/result/1560/
  [メールデータのインポート]
   http://www.desknets.com/neo/faq/result/1563/

 ※他のサーバーにdesknet’s NEOを構築されデータをリストアされた場合は、
  暫定ライセンスキーの申請及び登録を行っていただく事でdesknet’s NEOに
  ログインが行えます。
  こちらのサイトより暫定ライセンスキーの申請をお願いいたします。
  # 「発行区分」には必ず「暫定」をお選びください。

【注意】
 ・メールを復旧される場合、ウェブメール画面を開いた際に受信処理が行われ、
  仮サーバー側にて新規メールを受信してしまう場合があります。
  その場合も、そちらもメールをダウンロードし、稼働中のサーバー側にて、
  メールのインポート作業を行ってください。

 ・desknet’s NEO V3.5 R1.1以降よりスケジューラーの仕様が変更され、ログイン後
  スケジューラーが自動起動するようになりました。
  上記により復旧用の仮サーバーのdesknet’s NEOにてメールの自動受信やアラーム
  通知が実行される
可能性がございます。
  desknet’s NEO V3.5 R1.1以降ログインしてもスケジューラーを自動起動しない
  ように制限いただくには以下のファイルをリネームまたは削除いただく必要が
  ございます。
   Windows版:「.\dneo」フォルダ以下の「zbatscheduler.exe」ファイル
   Linux版 :「./dneo」ディレクトリ以下の「zbatscheduler」ファイル

——————————————————

【関連FAQ】

[FAQ:バックアップ及びリストアについて]
http://www.desknets.com/neo/faq/result/547/

[FAQ:ユーザーを削除した際に削除されるデータは何がありますか]
http://www.desknets.com/neo/faq/result/1710/

 

 

パッケージ版の運用・管理
[質問ID]
NEO-T0048
[対象]
全バージョン
[最終更新日]
2016/04/13

お悩み・疑問は解消されましたでしょうか?
不明な点やまだお困りの点がございましたら、下記よりお問合せください。

desknet's NEOをご利用中のお客さま

機能・操作方法に関するお問合せ

クラウド版:0120-365-800
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:00~12:00、13:00~18:00

パッケージ版:045-640-5775
受付時間:月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:30~12:00、13:00~18:00

※お問合せ内容により、担当部署から改めてのご回答となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

導入を検討中のお客さま

  • 詳しい資料をご送付
  • セミナー情報

desknet's NEOのカタログなどをお送りします。
ご購入前のご相談もお気軽に
お問合せください。

資料を請求する

NEOのすべての機能を無料体験

desknet's NEOの使いやすさをご体感ください。

クラウド版無料お試しをする(60日間無料)

ご検討中のお客さまへ

PAGE TOP