TrustLoginの設定方法

desknet's NEO

TrustLoginとdesknet's NEO SAML認証の利用方法についての説明です。

1. TrustLoginにログイン

TrustLoginにログインします。

ログイン後、「管理」アイコンをクリックし、ダッシュボードを表示してください。


ログイン直後

2. アプリの設定を行う

「ダッシュボード」画面が表示されますので、画面左のメニューの「アプリ」をクリックしてください。


ダッシュボード

アプリ一覧画面が表示されますので、「アプリ登録」ボタンをクリックしてください。


アプリ一覧

「企業アプリ登録>アプリ選択」画面が表示されますので、検索入力欄に「desknet」と入力し、「desknet's NEO PC版(SAML) 」をクリックしてください。

※モバイルブラウザ版環境の場合も、「desknet's NEO PC版(SAML) 」を選択して登録が可能です。



企業アプリ登録>アプリ選択

「企業アプリ登録>一般設定」画面が表示されますので、以下の内容を確認し、各値のコピーやダウンロード、入力を行ってください。


企業アプリ登録>一般設定

番号 項目名 詳細
アプリケーション名 任意のアプリケーション名を入力してください。
IDプロバイダーURL desknet's NEOの「アクセスURL」に設定しますので、控えておいてください。
発行者・エンティティID desknet's NEOの「SPエンティティID」に設定しますので、控えておいてください。
証明書 desknet's NEOの「X.509証明書」に設定しますので、ダウンロードを行っておいてください。
ネームID用値 メンバー、emailを選択してください。
サービスへのACS URL desknet's NEOのSAML連携モジュールまでのURLを入力してください。

入力が完了したら、⑦「登録」ボタンをクリックしてアプリを登録してください。

アプリの登録が完了すると、アプリ一覧画面が表示されます。


3. メンバー設定

登録したアプリの詳細画面を開き、「メンバー追加」リンクをクリックしてください。


アプリ詳細画面

「メンバー追加」画面が表示されますので、追加したいメンバーにチェックを入れ、「登録」ボタンをクリックしてください。

※メンバーの「メールアドレス」の値を、NEOのユーザーの「ログインID」と一致させてください。


メンバー追加画面

メンバーの登録が完了すると、アプリの詳細画面が表示されます。



4. アプリの設定値をdesknet's NEOに設定

アプリの設定中に取得した以下の値を、desknet's NEOの各項目に設定します。

①アクセスURL:「企業アプリ登録>一般設定」画面で取得した「IDプロバイダーURL」

②SPエンティティID:「企業アプリ登録>一般設定」画面で取得した「発行者・エンティティID」

③X.509証明書:「企業アプリ登録>一般設定」画面で取得した「証明書」


SAML認証連携設定

SAML認証設定状況ページに表示された「SAML認証に使用するURL」にアクセスしてください。

※モバイルブラウザ版からもSAML認証をお使いになる場合、同様にアプリの設定を行ってください。



SAML認証設定状況

5. サービスプロバイダーの設定を行う

アプリの詳細画面から「SAMLアプリ設定変更」リンクをクリックしてください。


アプリの詳細画面

「企業アプリ登録>一般設定」画面が表示されますので、以下の内容を確認し、各値の入力を行ってください。


企業アプリ登録>一般設定

番号 項目名 詳細
SP認証成功後の移行URL desknet’s NEOのアクセスURL
(例: http://(サーバーのIPアドレス or ホスト名)/cgi-bin/dneo/dneo.cgi?)
エンティティID アクセスURLのドメイン名部分まで
(例: http://(サーバーのIPアドレス or ホスト名))
サービスへのACS URL 「4. アプリの設定値をdesknet's NEOに設定」で控えた「SAML認証に使用するURL」

入力が完了したら、④「登録」ボタンをクリックしてアプリを登録してください。

アプリの登録が完了すると、アプリ一覧画面が表示されます。

以上で、TrustLoginへのSAML認証による、desknet's NEOへのログインの設定は終了です。


 

TrustLoginに登録されているメンバーの「メールアドレス」が、desknet's NEOのユーザー情報「ログインID」に指定されているユーザーとして認証します。

 

desknet's NEOのSAML認証連携設定状況画面に表示されている「SAML認証に使用するURL」にアクセスし、SAML製品からのログインができることをご確認ください。
「SAML認証連携設定状況画面」については、マニュアルをご参照ください。