サテライトオフィスの設定方法

desknet's NEO

サテライトオフィスとdesknet's NEO SAML認証の利用方法についての説明です。

1. 管理ダッシュボードにログイン

サテライトオフィスを管理しているユーザーでログインします。

ログイン後、タブメニュー内から「外部システム連携管理」メニューをクリックしてください。

2. 連携設定の追加

左メニューから「連携設定の追加」メニューをクリックします。


連携設定の追加

「外部システム連携新規登録」画面が表示されますので、以下の内容を入力し、アプリを登録します。


連携ID:任意の値(例: NEO_SAML

管理タイトル:任意の値(例:desknet's NEO SAML連携

連携ユーザーID:ユーザーID


外部システム連携新規登録

入力したら「連携設定を登録する」ボタンを押して、連携設定の登録を完了してください。

登録後、登録した連携設定の編集画面を再度表示して、「X.509証明書 」にて「SSO用証明書(キーペア)の作成」ボタンを押下して、「SSO用証明書(キーペア)」を作成してください。


SSO用証明書(キーペア)の作成

3. 登録した連携設定をNEOに設定

登録が完了すると、連携設定一覧が表示されますので、先ほど登録した連携設定をクリックし、「外部システム連携詳細・編集」を表示します。

「外部システム連携詳細・編集」から、「エンドポイントURL(ログイン)」を、desknet's NEOの「アクセスURL①」に設定します。

次に「SPエンティティID②」にNEOのアクセスURLのドメインまで(例:https://servername.domain.com) を設定し、「変更」ボタンを押してください。


SAML認証連携設定

4. 設定終了

以上で、サテライトオフィスへのSAML認証による、NEOへのログインの設定は終了です。

SAML認証設定状況ページに表示された「SAML認証に使用するURL」にアクセスしてください。


SAML認証設定状況

 

サテライトオフィスに登録されているユーザーの「ユーザーID」が、desknet's NEOのユーザー情報「ログインID」に指定されているユーザーとして認証します。

 

desknet's NEOのSAML認証連携設定状況画面に表示されている「SAML認証に使用するURL」にアクセスし、SAML製品からのログインができることをご確認ください。
「SAML認証連携設定状況画面」については、マニュアルをご参照ください。