HENNGE One (Office 365版)の設定方法

desknet's NEO

HENNGE One (Office 365版)とdesknet's NEO SAML認証の利用方法についての説明です。

1. HENNGE One管理ツールにサインイン

契約済みのHENNGE One管理サイトにサインインします。

HENNGE Oneトップ画面

サインイン後、左メニューから①「サービスプロバイダー設定」メニューをクリックします。

HENNGE Oneトップ画面

2. サービスプロバイダーの追加

登録済のサービスプロバイダー一覧が表示されます。
HENNGE Oneアプリ一覧 画面上部の①「+サービスプロバイダーの追加」ボタンをクリックし、「カスタム」ボタンをクリックしてください。

HENNGE Oneアプリ一覧

それぞれ以下の内容を入力します。

番号 項目名 入力値
名前 任意の名前を入力します。
ACS URL

SAML認証時にアクセスするURLを指定します。

desknet's NEOにアクセスする際のURLのモジュール名部分を、zsaml.cgi(またはzsaml.exe)に変更して入力してください。

※スマートフォン版の場合、スマートフォン版のURLのモジュール名部分を、zsamlsp.cgi(またはzsamlsp.exe)に変更してください。

Entity ID

他と重複しないように、任意の値を指定します。

NameID {user.upn}を選択してください。

入力が完了したら、⑤「+次へ」ボタンを押してください。その後、「基本設定」ダイアログが表示されますので、そのダイアログ下部で「送信」ボタンを押すと追加が完了します。

3. ダイレクトログインURLの確認

追加したサービスプロバイダーの「ダイレクトログインURL」を確認します。

HENNGE Oneアプリ登録

サービスプロバイダー一覧から、対象のサービスプロバイダーの①「表示」リンクをクリックします。

HENNGE Oneアプリ登録

エンドポイントが表示されますので、①「ダイレクトログインURL」を確認し、控えておいてください。

※このURLは、desknet's NEOの「SAML認証連携設定」画面に設定します。

確認が完了したら右上の「×」ボタンを押して、ダイアログを閉じます。

4. ユーザーの追加

HENNGE Oneからdesknet's NEOにSAML認証するためのユーザーを追加します。

画面左の「ユーザー>ユーザー一覧」リンクをクリックすると、登録済のユーザー一覧が表示されます。
HENNGE Oneアプリ登録

画面上部の①「+新規ユーザー」をクリックします。

HENNGE Oneアプリ登録
「新規ユーザー追加」ダイアログが表示されますので、それぞれ任意の値を入力します。

ここで指定する「Office 365版 ID(UPN)」が、desknet's NEOのユーザー情報「ログインID」に指定されているユーザーとして認証します。

入力できたら①「+追加」ボタンを押してください。

HENNGE Oneアプリ登録登録後、対象ユーザーに、アクセスポリシーを設定します。

対象ユーザーの①「編集」リンクをクリックします。

HENNGE Oneアプリ登録

ユーザー編集ダイアログが表示されますので、下部にある「許可するサービスプロバイダー」で、先ほど登録したサービスプロバイダーにチェックをつけ、②「送信」ボタンをクリックしてください。

5. 設定終了

設定は終了です。

※スマートフォン版からもSAML認証をお使いになる場合、同様にサービスプロバイダーの登録を行ってください。

 

以上で設定は終了です。

desknet's NEOのSAML認証連携設定状況画面に表示されている「SAML認証に使用するURL」にアクセスし、SAML製品からのログインができることをご確認ください。
「SAML認証連携設定状況画面」については、マニュアルをご参照ください。