導入事例

あらゆる業種・規模でご利用いただいています 現在134件の事例を掲載

導入事例のご紹介

株式会社オンデーズ

http://www.owndays.co.jp/

  • 業種メガネ・サングラスの製造販売
  • ユーザー数190ユーザー
  • 利用形態パッケージ版

<この事例のポイント>

業務や所在の不透明さの改善と、コミュニケーションの効率化・活性化から業務スピードアップ

導入の主目的

各従業員の所在と作業を明確にし、コミュニケーションの改善から業務のスピードアップを図った

メガネ・サングラスの製造販売を行う企業。全国に110箇所を超える店舗を抱えている。desknet's導入前の情報共有は、本社内でのみ利用するイントラのシステムと、本社から拠点に向けてのメールで行っており、従業員間の連絡、指示、情報共有の環境が持てていなかった。そのため、誰が何処にいて、どんな業務をしているかが明確に見えず、また従業員同士の連絡や意見、アイディア、ノウハウの共有手段が無かったため、業務や所在の不透明さの改善と、コミュニケーションの効率化・活性化から業務スピードアップを図り、グループウェアの導入を検討した。

製品決定

コスト面、導入のしやすさを重視し、いつでもどこでも情報共有ができるよう、機能が充実したグループウェアを選定

[製品採用]
ランニングコストが抑えられ、管理の手間がかからないことを重視しグループウェアを比較検討。システム担当は1名で行っているため、運用形態はサーバーのメンテナンスに手間のかからないホスティング型での運用を決めていた。付き合いのあるホスティング業者の対応製品の中で、低価格での導入でき、且つ導入が容易に行え、モバイルからも標準で利用ができる製品がdesknet'sであった。

[desknet's採用の決め手]
1. イニシャル、ランニングコストが低価格
2. 導入が容易にできる
3. ホスティングでの運用が可能
4. 業務で必要な機能が標準で揃っている
5. モバイルの標準対応

導入効果

従業員の所在と作業内容が明確に。コミュニケーションの効率化・活性化から業務スピードのアップを実現し、販売戦略の迅速な修正にも貢献。

[導入浸透]
基幹システムなどの業務ツールが全て集約された独自ポータルサイトの目立つ所にdesknet'sのリンクを用意し、いつでもすぐに利用できる環境を整えた。desknet'sはどこからでもアクセスができるようオープンに構え、これまで用意されていなかった個人メールアカウントを「ウェブメール」機能で対応することにより、まず自分のメールを確認に行くことでdesknet'sのアクセスを癖付させていくことに成功した。

[導入効果]
desknet'sの導入により、狙いとしていた「今従業員がどこにいて、何をしているかの可視化」と「コミュニケーションのスピードアップ」の実現に繋がった。企業の風土として、多面評価が採用されている。
desknet's上で各従業員同士のやり取りが見えることにより、評価の実施が行いやすくなっている。

コミュニケーション面では各従業員が自由に情報発信ができるようになり、新しいアイディアや施策など活発に意見のやり取りが進んでいる。また連絡のスピードアップにより販売戦略の改善にも大きく貢献している。例えば打ち出したキャンペーンが狙い通りに進んでいない場合、すぐに対策を実施し改善するなど、売上に結び付けることができている。

申請関連の業務はdeksnet's導入前は紙ベースで実施されていたが、ワークフロー機能により確実な承認作業が徹底された。どこからでも決裁者が申請に目を通せるため、余分な経費が掛かっていないかを細目にチェックできるようになった。これにより経費の削減にも効果が出ている。

今後も回覧レポート機能や、アンケート機能といったコミュニケーション機能を応用し、多面評価の手法に取り入れていきたいと考えている。

ご活用中の機能と使い方

  • スケジュール
    スケジュール

    日々の所在と作業内容を全て登録。別途運用している勤務表との勤務時間・出勤状況の整合を行う際にもスケジュール機能を基準として利用している。

  • 設備予約
    設備予約

    会議室、応接室など部屋関連の予約に利用。

  • ウェブメール
    ウェブメール

    店舗や自宅のPC・携帯から利用させ、いつでもどこでも連絡が取れるようになった。特に管理職のメンバーにとっては緊急時の連絡がいつでも取れるようになり、いざという時にも迅速に対応が可能になった。

  • インフォメーション
    インフォメーション

    キャンペーンやイベント時の運営方法などの連絡に利用。
    また、新商品の情報配信にも利用。
    全社員が発信の権限を持っており、自由に発信ができる。

  • 電子会議室
    電子会議室

    ノウハウの共有に利用。スタッフ同士が意見交換に利用している。
    また、社内で利用している基幹システムへの質問や要望の窓口としてや、急がない相談の際などにも利用している。

  • 文書管理
    文書管理

    社内規定、最新の製品資料の共有に利用している。資料をアップした際、インフォメーションにて併せて通知も実施。

  • ワークフロー
    ワークフロー

    稟議書、休暇申請、出張申請などに利用。これまでは紙ベースで行っていたが、決裁者があまり社内にいないため、滞っていたケースが目立っていたが、改善された。

  • ToDo
    ToDo

    個人単位で締切のメモに利用している。

  • キャビネット
    キャビネット

    どの場所へ行ってもファイルが開けるように個人が自由にファイルの保管場所として利用している。

desknet's利用環境

製品名
desknet'sスタンダード版
ユーザー数
190ユーザー
導入時期
2008年

事業概要

会社名
株式会社オンデーズ
URL
http://www.owndays.co.jp/
所在地
東京都豊島区
設立
1989(平成元)年3月
従業員数
195名
事業内容
メガネ・サングラスの製造販売
上記フランチャイズ運営
ロープライスなだけでなく、ファッションアイテムとしてのデザインを重視している。

desknet's NEOのカタログなどをお送りします。
ご購入前のご相談もお気軽に
お問合せ下さい。

資料を請求する

NEOのすべての機能を無料体験

desknet's NEOの使いやすさをご体感ください。

クラウド版無料お試しをする(60日間無料)

ご検討中のお客さまへ

PAGE TOP